オリジナルステンレスマグカップを作りました

お久しぶりです。斉藤です。
よくキャンプに行く仲間がいるのですが、グッズを作ってみたいなと思い試験的にステンレスマグカップにマークを入れてみました。

候補

できる限り、snowpeakのようなステンレスマグに近づけるべく出てきた候補が以下。

  • 透明シールを貼る
  • ステンシル
  • デカール(転写シール)

最初、デカールの案はなかったのですが、調べているとマグカップにデカールを施している記事がありまして、シールを貼るより凹凸感が少なく、ステンシルより現実的なデカールに挑戦することに。単純にやってみたかったのもある

用意したもの

  • デカール(エーワン)
  • クリアスプレー
  • プリンター
  • 印刷データ

作業工程

・ロゴデータの制作
・制作したロゴデータを反転させる

・プリントをして、3分ほど乾かす

・クリアスプレーを吹く
・プリントした紙に透明シールを貼る
・場所を確認し、シールを剥がして貼り付ける。
・水に濡らしたタオルなどで、剥離紙を濡らし、ずらすように剥がす

[貼った状態の見た目]
そんなに悪くない、しかしスミが不安

[焼いてみる]
200℃に熱したオーブンで10−15分ほど焼く。

[耐久性]
貼った状態だとまだ水分が残っているのか、表面がペタペタしてちょっと嫌な感じでしたが、
オーブンで熱した後は、カラッとしていて中央の方であれば軽く擦っても平気そう。縁は残念ながら…といった感じです。

失敗作

●しっかりと透明シールを擦って貼らなかった結果

剥離紙部分を剥がす際にデカール部分が伸びました

●焼けば焼くほど耐久があがるのか、焼きすぎた結果

焦げる。これはこれでいい感じになったので採用。

●やり直しがきくのか、擦って洗ってみた結果
焦げてしまったものを剥がして再利用しようとこすり洗いをしてみたところ、一応剥げるもののペタペタが残る状態になりました、シール剥がしを使ったら綺麗に落ちるんですかね…。
ただインクジェット印刷にも関わらず、なかなかインクが落ちなかったので、クリアスプレーの効果は実感できました。

まとめ

お察しの通り、次はシールでやろうと思います。
やはり、デカールはガンダムに貼るものでした。
洗ったりしないのであれば、なかなかかっこいい仕上がりになるのでインテリアとしては推せます。