wordpressサイトの引っ越しはAll-in-One WP Migration一択!【2018最新版】

こんな2018年の暮れに「2018最新版!」なんて言ってしまう自分は少し間抜けだと気がつかないように生きています。

今回はココナラで最近お見積もり依頼をよく受ける、「ワードプレスサイトのお引っ越し」についてお話ししてみようと思います。

wordpressの引っ越しってどうやるの?

ロリポップやエックスサーバーなどのレンタルサーバーでは、wordpressの簡単インストールがあるので知識がなくとも簡単にデータベース、wordpressサイトの構築ができるようになっていますが、引っ越しとなると一体どうやってしたらよいのか・・データベースの引っ越しとはどうすれば良いのか・・と悩んでしまいますよね、、

しかしあるんです。簡単引っ越しプラグイン
そもそも引っ越し用のシステムをレンタルサーバーで用意したら儲かるだろうにね

wordpressの引っ越しとなると本来
・新しいサーバーにワードプレスをインストール
・テーマの反映
・設定を写し取る
・データベースの移動
・独自ドメイン等の移動
が必要となってきます。プラグインを使わずにやれ、と言われたら自分は断ります・・笑

All-in-One WP Migrationとは

そんな時にこいつが火を吹きます。こちらのプラグインはFTPソフトを使用することなく誰でも簡単に引っ越しを可能とする万能プラグインです。ダッシュボード内で引っ越しが完結します。すごいんだぞ。
引っ越しを依頼された時には、だいたいこのプラグインを併用して引っ越しをしているのでなくなったら困る一品です。
しかし最近のアップデートで使用方法が少し変わりましたので、今回まとめておこうと思ったわけです。

All-in-One WP Migrationの使い方

用意するもの

・引っ越したいwordpressサイト(旧サイト)
・引っ越し先のwordpressサイト(新サイト)
念の為ですが、引っ越し先にあるデータは全て上書きされてなくなるので、大事なものは避けてくださいね。

プラグインダウンロード

2サイトどちらにも、プラグインのダウンロードを行います。
プラグイン/新規追加より「All-in-One WP Migration」と検索、インストール、有効化を行います。


完了するとだいたいダッシュボードメニュー「設定」の上にAll-in-One WP Migrationが追加されます。

元データのダウンロード

旧サイトのデータをダウンロードしましょう。
All-in-One WP Migration/エクスポートを選択
エクスポート先/ファイルを選択すると、ファイルの作成が始まります。
作成が終わると、ボタンが出てくるのでそちらをクリック、ダウンロードします。


(256MBを超えるファイルについては後述)

新サーバーへアップロード

新サイトへダウンロードした旧サイトデータファイルをアップロードしましょう
All-in-One WP Migration/インポート
先ほどダウンロードした旧サイトデータをドロップ。読み込みが始まります。
読み込みが終了すると、開始ボタンが出るので、「開始」。

インストールが始まります。(インストール中はウィンドウを閉じないこと)

インストールが終わったら

謎の呪文が出てきます。こちらを解読すると
・パーマリンクボタンを2回押してね。
・よかったらレビューしてね
と書いてあるので、ログインし直してパーマリンク設定を押しに行きましょう。

ログイン情報に関して

引っ越しが完了すると、ログイン情報も変更されるので、
新サイトのログインID・PWは旧サイトのものになります。ご注意を。

以下は私が陥りがちなポイントです。

256GBを超えるデータがダウンロードできない

256GBを超えたデータを生成すると、ダウンロードは有料になってしまいます。
対策としては以下3点

・有料プランの購入
そのままですね。

・メディアをエクスポートしない(FTP使用)
容量を食う原因は大体、画像データ、メディアファイルになります。こちらをプラグインでの引っ越しを諦め、手動で移動させる方法です。

・プラグインデータの書き方
あまりお勧めしていい情報ではありませんが、プラグインデータを書き換えることによって、256GBを超えたデータを扱えるようになります。ダッシュボードから直接変更ができます。

ダッシュボード左メニュー/プラグイン/プラグイン編集

右カラムのセレクトボックスで、”All-in-One WP Migration”を選択


constants.phpを選択し、284行目の

    // =================
    // = Max File Size =
    // =================
    define( ‘AI1WM_MAX_FILE_SIZE’, 536870912 );

→私の場合はdefine( ‘AI1WM_MAX_FILE_SIZE’, 2 << 28 );でした

    define( ‘AI1WM_MAX_FILE_SIZE’, 536870912 * 8 ); //4GBの例

に下一行を書き換え、「ファイルを更新」
これにより4GBまでファイルをダウンロード・アップロードできるようになりました。
4GBでは足りない場合は、必要なGB×2の数を[8]の位置に入れましょう。

インポートをクリックするとエラーが起きる

FTPソフトから引き抜いちゃいましょう。

さくらサーバー2MBの制限に関して

さくらサーバーのアップロード上限が2MBになります。初心者が誤ってでかいデータをアップロードしない為のやさしい措置ではありますが、今回はこれがあるとアップロードできないので外してしまいましょう。
管理パネルログイン
左のメニューバー中段「アプリケーションの設定」より「PHP設定の編集」を選択

    post_max_size = 20M
    upload_max_filesize = 20M

を記述

これで変更が確認できます。