特定のカテゴリー更新できるユーザーを振り分けて制限する方法【wordpress】

最近FC店舗のメンバーページ振り分けで使ったプラグインの備忘録です。

こんな時に使える

  • 複数人でサイトを運営したい。
  • 個人のプロフィールページ・ブログカテゴリーの更新は管理者と任意の人間しかできないようにしたい。

メンバーサイトの構築にも使えそうですね。

使用するプラグイン

User Role Editor

ユーザー権限の設定を作ることができるプラグイン。

User Access Manager

権限に紐づくグループの作成ができます

UAMの日本語化ファイル

手順

※「管理者」権限でログイン
1 権限の作成
2 グループの作成
3 (ブログ用)個人カテゴリー作成・カスタム投稿の設定
4 アカウントを作る
作成した権限でログイン
5 確認

1.権限の作成

サイドバー「ユーザー」/User Role Editor/権限グループの追加
新しい権限を作成します。
投稿タイプ・固定ページ・カスタム投稿(カスタムはまとめて)の編集の権限を振り分けが可能。
チェックをつけた箇所がユーザーが編集可能な場所になります。
権限のコピーができるので、「投稿者」の権限をコピーして、調整をしました
ちなみに「投稿者」が可能なことは
・投稿の追加
・カスタム投稿の追加
になります。
注意:同じ権限をA,B,Cさんに振り分けたい時(全員自分のブログ投稿だけ出来る状態)ユーザー権限は1つだけで大丈夫です。(次のグループでカテゴリーを振り分けます)

ユーザー権限の種類はこちら

覚えておきたいWordPressのユーザー権限の種類と登録・管理方法

2.ユーザー権限を割り当てる為のグループを作成

サイドバー「UAM」より「新しいユーザーグループの追加」


・ユーザーグループ名
・グループの説明
・閲覧権限:Only group users
・書き込み権限:Only group users
・作成した権限グループを割り当てる

3.カテゴリーでユーザーグループを割り当てる

ダッシュボード投稿/「カテゴリー」を開き、カテゴリーの編集可能なグループを設定します。
ユーザーグループのセットアップにて、投稿、編集を許可したいグループにチェックを入れます。
※チェックを入れたグループのみ編集可能な状態に
また、ユーザーグループを1つもチェックしないと、誰でも投稿が可能なカテゴリーになります。(フルアクセス)
※カスタム投稿・固定ページも同様に振り分けることが可能です。

4.アカウントの作成


サイドバー「ユーザー」/新規作成
作成した権限を行使するユーザーアカウントを作成します。
権限グループを1で作成したものにしてください。

5確認

作成したユーザーアカウントで再度ログインしてみましょう。

まとめ

この方法に至った当初は、1ユーザーごとに権限を作成していましたが、カテゴリーの振り分けを行うのは2で作成するグループなので、複数のユーザーに別々のカテゴリーを振り分けるだけであれば、権限は1つで大丈夫です。wordpress初期設定の「投稿者」権限でも事足りるかもしれませんね。

参考にしたサイト:
【wordPress】ユーザーグループごとに投稿カテゴリーを制限する方法